Japanese Society of Oral Oncology

電子アーカイブ化に伴う著作権確認に関する告知

日本口腔腫瘍学会会員ならびに著者各位

 日本口腔腫瘍学会(以下「本会」という)は,1989年(平成元年)の創刊以来,学会誌「日本口腔腫瘍学会誌」(以下「本誌」という)を刊行して参りました。20年の長きに渡り本誌を刊行できましたことは,ひとえに会員各位のご支援,ご協力の賜物と深く感謝申し上げます。

 此の度,本会は科学技術振興機構の電子アーカイブ対象選定委員会によって,本会の本誌が創刊号以降の全巻全号を電子化してアーカイブされる対象誌として選定されました。この電子アーカイブとは,誌面を電子データ化し,同機構インターネットウェブサイト上で公開することをいいます。

 これにあたっては,電子化された論文はすべてが同機構のサーバに保存されるため,著作権が本会に帰属していることが条件となります。本誌の電子アーカイブ化にあたっては,著作権法により,掲載された論文などの著者からその著作権(複製権,公衆送信権を含む)の許諾又は譲渡を必要とします。

 本誌では1989年の1巻1号の創刊より,日本口腔腫瘍学会誌 投稿規定 第4項に「本誌に掲載された論文の著作権(著作財産権,copyright)は本学会に帰属する。」と定められており,創刊号以来のすべての論文の著作権は本会に帰属していることを確認しております。

 尚,本誌1巻1号から20巻4号(1989〜2008年)に掲載されたすべての論文の一覧が,「山本悦秀,他:日本口腔腫瘍学会誌発刊20年間の掲載論文名通覧.口腔腫瘍 21:1-35, 2009.」に記載されていますのでご参照下さい。

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語