Japanese Society of Oral Oncology

ホームページ運用規定

第1章 総則

第1条
日本口腔腫瘍学会(以下本会とする)は学会ホームページの運用に関し本規定を設ける。
第2条
ホームページの円滑な運用を図るため,理事会の承認を経て,広報委員会がこれを管理する。

 

第2章 目的

第3条
本会が発信する情報を通じ,口腔領域の腫瘍に関する学理および治療についての研究の推進ならびに知識の交流を図ることを目的とする。
第4条
委員会は,本会の定める規約のほか,契約プロバイダーの規約を守り,本会の円滑な活動の一助と為さなければならない。

 

第3章 業務

第5条
ホームページの運営においては次の事業を行なう。

  1. 口腔領域の腫瘍に関する学理および治療についての研究の推進
  2. 知識の交流を図る為の情報提供
  3. 学会,研修会及び学術の交流等に関する情報提供
  4. その他,日本口腔腫瘍学会に関する事項
2
委員会は,業務に応じた活動を実施し理事会に報告しなければならない。

 

第4章 ホームページ作製及び掲載

第6条
ホームページの管理は委員会の監督の下においてホームページ担当幹事が掲載及び更新を行う。
2
本会員は記事を寄稿することができる。
3
ホームページの編集は委員会が行う。
4
掲載した内容はバックアップをとり,保管しなければならない。
第7条
寄稿原稿は以下に定める所定の形式とする。

  1. 原則として,寄稿文書はテキストファイルとする(使用ソフトを記載)。
  2. 原稿に画像ファイルを添付する場合はJPEG形式が好ましい。
  3. 寄稿者はHTML形式で寄稿することができる。
  4. フロッピー・CD-R・メール等での寄稿が困難な場合はプリント原稿及びファックスも使用できる。

 

第5章 禁止事項

第8条
ホームページ使用上,次に掲げる行為をしてはならない。

  1. 本会の目的以外に使用すること
  2. 誹謗中傷,プライバシーを侵害する内容の記事の掲載
  3. 著作権等の法令に定める権利の侵害
  4. 営利目的
  5. その他法令及び社会的常識・公序良俗・倫理に反する内容の掲載
2
委員会は,前項の事項の他,利用者に対しホームページ運営・利用に対する指導・監督の責任を負う。

 

第6章 セキュリティと汚染対策

第9条
ホームページが,改竄又はウイルスプログラムに汚染された恐れがあることを知り得た会員は,直ちに委員会に連絡しなければならない。
2
前項の連絡を受けた委員会は,ウィルスプログラムの排除のいかんにかかわらず,プロバイダーに通達し,理事会に報告しなければならない。
3
委員会はホームページを復旧できなかった場合は一時的に閉鎖できる。
4
前項においては直ちに理事長に報告しなければならない。

(メール)

第10条
本会のメール取扱いはホームページ担当幹事が掌握する。
2
幹事が答えられないメールについては,委員会,理事会で検討する。

 

附則

  1. この規定の改廃は理事会の議決による。
  2. この規定は平成16年8月25日より施行する。

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語